ゆうとのの商品先物講座

講座と言っても、ほぼ商品先物取引の記録と雑感です。

東京金 支持線で大きく反発、高値4,461円へ。

東京金 日足


東京金は現在4,457円。
高値4,461円、安値4,420円、値幅41円。


起きてビックリ( ゚Д゚)、4,458を超えました。
昨日、支持線を割る場面がありましたが、結局割れたのは下髭だけ。
となれば、反発するわなぁ、という感じ。
さあ、4,460と支持線の攻防やいかに。(^^;)
「なんで、支持線割ったのに買わないんだぁぁ!?」
と言われそうですが、、、全くその通りです。(ToT)


サポートライン(支持線)は、「買」のために引くもので、
予想される値動きは、そのラインより上で行われるであろう、というものです。
予想される値動きの下限を示すラインです。
ですから、値がライン上に来た時、あるいはラインを割った時、買い方は通常、喜んで買ポジを取ります。
ラインを割れても、大きく下げなければ、大返しが起こる可能性が経験上高いのです。


逆の場合(ラインより下で値動き)を、レジスタンスライン(抵抗線)と言います。


なので勿論、昨日、よくよく考えました。
が、何度考えても、4,400は値位置が高すぎて買えない、となったのです。(ToT)/~~~


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。