ゆうとのの商品先物講座

講座と言っても、ほぼ商品先物取引の記録と雑感です。

東京ガソリン 65,240円の高値をつけた後反落。最後は上髭陰線。


65,500円でも第2弾は指さらずか。。
昨日夜間は上窓を開けて始まり65,240円まで伸びるも結局行って来い。
現在値は64,060円で値洗い22,000円。


「開いた窓を埋めに来る。」と、よく言われますが、
自分の経験でも、なぜか、窓は必ず埋まります。。


窓とは、前回終値と離れた値で寄り付いた時、ローソク足が開いた窓のように見えるので、そう呼ばれます。(たぶんww)


この「窓埋め」は、逆張り派にとっては、ありがたいセオリーで、逆張り派は「窓埋め」を必ず目標にします。


さて、これまでガソリンは上髭陰線の後は必ず大きく下げてますが。。
仕切りの指値63,500円は外した方が良いですかねぇ?




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。