ゆうとのの商品先物講座

講座と言っても、ほぼ商品先物取引の記録と雑感です。

東京金 攻防は買圧(支持線)の勝利。夜間終値は4,470円。

東京金 日足


東京金、週末夜間終値は4,470円。
昨日、高値4,471円、安値4,451円、値幅20円。
一昨日、高値4,467円、安値4,420円、値幅47円。


一昨日の急騰で小値幅連続は14で止まりました。
支持線を下髭分だけ出て刺激したせいで、大きな反発となりました。
攻防は一応、買圧(支持線)の勝利。
今後も、支持線に沿って上げ続ける、と誰もが思うところです。


4,460を超えたことで、いよいよ目標は4,510の水平ライン。
左7/13の最高値が4,509。
支持線の値位置は、現在11/5が4,410、4,460には10日後に到達します。
(支持線は手書きなので、1,2円は誤差があります。)
再び支持線に触れることがあっても、どのみち買いづらいので(値位置が高すぎて)、
4,509で売り向かってみるしか、手がありません。(;´д`)


さて、自分は、並行してガソリンの記事も書いてるんですが、
チャートを見てもらえば解るとおり、
一直線に上がって一直線に下がる、という大相場をやらかしました。w
「一直線」とは、どんなのを言うのか、正確に書けば、
「下がる」場合、日足で2本前までの高値を絶対超えずに下げる、というものです。
一昨日までの高値を超えることなく下げ続ける、時、一直線に下がると言ってます。


要は、売り買いの値を指しにくい、指せない、相場ということです。
押し目もなければ、Wトップもなし、叩き目もなし、というチャートになります。
普通、貼り付ける人やデイトレの人でないと指値を張ることができません。
(無理に張れば、大怪我をします。w)
そんなチャートをガソリンが今回、やらかしたわけです。


それに比べて、金の、なんと優しいチャートであることか。ww
8/17以降の綺麗な上昇トレンド。
支持線に沿って波打つ、まさに美しいチャートです。
優しいと言うのは、とても指しやすい、ということです。
また、逆を張ってしまっても大した怪我はしない、ということです。
(必ず戻りを見せるから。)
全くもって、「安全の金!」ですね。(≧▽≦)


んじゃ、なんで指して儲けないのか、とおっしゃるでしょう。ww
いや、金をやるのは初めてなので・・・、
これから、頑張ります。(; ・`д・´)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。